スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

前原外相の普天間問題に関する発言に、北沢防衛相が批判 

今まで普天間問題について「○月までに解決します」と言っても
結局ほとんど解決されないまま今に至ってますよね。

なので防衛相の批判は当然かもしれません。

あまり先走った発言はしない方が良いかもしれませんね。
 北沢俊美防衛相は21日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で前原誠司外相が11月のオバマ米大統領の訪日までに最終合意する可能性を否定したことについて、「微妙な段階で時期設定をうんぬんするのは尚早で、配慮に欠ける」と批判した。

「何の連携もなく、どういう気持ちでいわれたか分からない」とも述べ、前原外相の先走りに不快感も示した。


 また、沖縄・尖閣諸島周辺での中国漁船衝突事件をきっかけに中国側が対抗措置をエスカレートさせていることに関し、北沢防衛相は「正確な情報が中国の政府と国民に伝わっているか疑問。実情をはっきり伝えることが重要だ」と指摘。

漁船が海上保安庁の巡視船に衝突してきた状況を中国側に説明していくことの必要性を強調した。

普天間問題の前原外相発言に、防衛相が「配慮に欠ける」と批判 - MSN産経ニュース
カテゴリ : 政治総合
2010-09-21(Tue) | トラックバック : 0 | コメント : 0

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ 
検索フォーム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。