スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

経団連と自民党が会談 「国民生活のために超党派で協調」 

確かに最近の日本や円高や株価の値下がりが厳しい状態となっていますからね。

早急に対策を打ってほしいです。

しかし、やはり消費税は上がるようですね。

消費税が上がるのは嫌ですが、福祉や経済に使われるのなら仕方ないですよね。
 日本経団連幹部は15日午前、東京都内のホテルで自民党幹部と当面の政策運営をめぐり意見交換した。席上、米倉弘昌会長は「円高、デフレなど日本経済は待ったなしの厳しい状況にある。責任野党として国民生活のために超党派で協調を図ってほしい」と要請。

谷垣禎一総裁は「国民のために野党として緊張感を持って対(たい)峙(じ)する。与党の出方を待つより主体性を持って行動したい」と応じた。両者の政策対話は昨年2月以来、約1年半ぶり。自民党が野党となってからは初めて。

 双方は消費税率を福祉目的で段階的に10%台に引き上げることや、法人税をアジア諸国並みに引き下げることなどの税・財政改革や成長戦略などほとんどの基本政策で一致した。

 ただ懇談会終了後、石破茂政務調査会長は記者団の質問に応じ、「政策は一致したが、政党としてどれだけの支援をしていただけるのか」と語り、財界からの政治献金拡充が必要との考えを示唆。

これに対し米倉会長は「政治献金斡旋(あつせん)再開はない。個別企業として対応していくことだ」との考えを示した。

経団連と自民党が政策対話 国民生活のため超党派の協調を要請 - MSN産経ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ 
検索フォーム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。